コロナ禍で感じる生きること。死ぬということ。

私の母親は心臓が悪く、去年大きな手術をしたばかり。

それも、延命のための手術であり、治るための手術ではありませんでした。

長年、生きるか死かという闘病があった中での、手術。

手術後も状況はよくなく・・・。


そしてこのコロナ禍。

会いたくても会いにいけないのです。


『もし、自分がコロナウィルスを持っていたら・・・?』


コロナに対してあまり危機感はなくなっている、という街頭インタビューをみました。


たくさんのコロナに関しての情報があふれています。

情報に振り回されないように、とは思いながら日々生活しています。


ただ、わかっているのは、私の母親にとって、新型コロナウィルスは最悪のウィルスであるということ。


そして、なぜか今年はマタニティ、ニューボーンフォト撮影がとても多い。

命の誕生の写真を撮っています。



色々と考えてしまいますね。


命ってなんだろう、

生きるってなんだろう、と。


かわいいー!素敵ー!っていう、上っ面な撮影をしたくない、と心から思います。


今、生きているのも、先祖の人たちがつなげてくれた大事な命。


そして、その命が次の世代、また次の世代へとつながっていく。


私たちは生きているのだから、

後悔をしないように。


生き余すことなく、生きたいですね。


私は、そう、思います。






9回の閲覧0件のコメント

Copyright(C) 2012-2021 ラヴィータ corporation All Right Reserved

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram