七五三撮影をスムーズに行うには

七五三では、みんなお着物が多いですよね。

お着物って大人でもつらくないですか?

洋服に比べて苦しいし、足袋は履きにくいし、慣れない草履は足も痛いし・・・。


ということは、まだ生まれて数年のお子様にしてみたら、結構なストレスなんです。

それをまず、わかってあげてください。

おしゃれが大好きな女の子でも、お着物や和装が好きなお子様であっても、

やっぱりお着物は時間がたてばたつほどつらくなってきます。

そして、何より周りの大人の「ちゃんとしていてね」というプレッシャーが重すぎると、帰りたくなってしまったり、年齢が低ければぐずってしまったり・・・ということはあり得ますよね。


年齢が低ければ低いほど、そのあたりのことは子育てパパママには想像は容易だと思います。

なので、私は満年齢での撮影をおすすめしています。

そして体が小さいお子様、ご家庭の事情もあると思いますので、別に年齢が七五三ぴったりでなくてもいいと私は思います。

そのことで責める人なんて誰もいません。

ご親戚になにか言われたら、「お祝いする気持ちが一番なので」と言ってあげましょう。

本当にそれが一番のことなので。

そして、そういうご家庭も多いとカメラマンも言っていましたよ、とお伝えしてあげてください。




また七五三撮影の上でのコツなども、機会を見て記事にしていこうと思います。


<カメラマン紹介>

*家族写真のスペシャリスト*

高橋フミカ

ラ・ヴィータ代表

家族写真、ニューボーン、お宮参り、お誕生日に七五三撮影。

家族写真撮影2800組以上、授乳フォト撮影600組以上。

他にポートレイト、建物、商品撮影、アート制作、動画制作など幅広く活動しています。


お問い合わせは下記へお気軽にどうぞ!


LINE @photofumika

メール 







Copyright(C) 2012-2021 ラヴィータ corporation All Right Reserved

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram